• tozankentomonokai

積雪期登山基礎講習会

平成31年2月9日(土)~2月11日(月・祝)3日間

~ 雪に親しむ ~

●「雪山を歩く」「雪山で生活する」「雪を知る」「雪山での危急時対策」を実践的に体験し、積雪 期登山のリスクを知る。 ●積雪期登山の基礎技術の指導方法を習得する。

このようなコンセプトで講習会が行われました


三日間という期間の中で精一杯、講師も講習生も雪上での訓練に励みました。

高等学校登山部の顧問を中心に、積雪期登山の指導的立場の方々へ

「わかる できる 楽しい」そして身になるに講習内容を工夫しながら行いました。


◯ 研修所の敷地内でのテント泊や雪洞泊!

  所内でぬくぬくと過ごすのではなく、リアル体験

  夏山の安定したキャンプ地とは違う様々な不都合を

  こなしながらまずは生活の基礎を徹底しました

  *もちろん水も雪から作りましたよ


◯ 装備の点検

  講習生は全国から集まって来られます。その地域ごとの山岳環境や

  部や会での伝統により使用する道具も変わりますし、くせもあります。

  積雪期登山の基礎的な装備を確認するとともに、

  地域性や伝統のある装備もメリット、デメリットをしっかり確認!


◯ 気象のお勉強

  積雪期登山は気象に大きく左右されます。それは「気温、風、降雪、日射、湿度等」。

  基本として冬山の気象を学び、過去のデータの実績や現在の気象状況を理解し、

  行動時の気象を予測し潜むリスクをいかに減らすか!お勉強です。


◯ 

  



0回の閲覧
  • Facebook Social Icon

お問い合わせ tozanken.tomonokai.info@gmail.com

copyright tozankenn.tomonokai all rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now